バランスファンドが初心者向けとは言えない5つの理由

バランスファンド資産運用
リスクちゃん
リスクちゃん

銀行の窓口で初心者の人にはバランスファンドがおすすめって言われたんだけど…。本当なの?

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

バランスファンドが初心者向けとは言えない5つの理由

この記事を書いてる私は、資産運用歴6年ほど。
元銀行員の現在BO投資家で、最高月収で1千万円ほど稼いできました。
佐々木はこんな人
プロフィール
はじめまして、元銀行員の佐々木です このブログでは、底の底まで落ちてしまった(そもそもスタートラインに立てていない)人の金融リテラシー(お金に関する知識や判断力)の底上げを目的としています。 はじめに、僕のトレード実績をご案...

 

ささき
ささき

銀行の窓口などでバランスファンドは初心者向きだという話をされる営業マンが非常に多い…。バランスファンドは本当に初心者向けなのか? 5つの視点からお伝えしていきたいと思います。

 

※6分ほどで記事を読めます。6分後には、「バランスファンドが初心者向けとは言えない5つの理由」について知ることできているはずです。
スポンサーリンク

バランスファンドが初心者向けとは言えない5つの理由

バランスファンド

株式、債券、リート(不動産投資信託)などの複数の資産を含むファンドの事をバランスファンドと呼びます。値動きが異なる複数の資産を組み合わせることでそれぞれの値動きを抑制しファンド自体の値動きを小さくさせる期待が持てます。

それぞれの値動きですが、一般的に景気が良いと株式価格は上昇する傾向にあります。一方で債券は株式とは異なり価格が下落する傾向にあります。

 

行員時代の佐々木はバランスファンドばかり販売してました。

理由は単純明快。他のファンドに比べ販売しやすいからです。

投資初心者への説明がバランスファンドだと比較的簡単にできてしまいます。

金融機関の窓口で投資信託を購入される層は今まで投資に触れる機会がなかった方々がほとんどです。 そんな方々にS&P500(アメリカの代表的な株価指数)の良さを説いたとしても大半の人が拒絶します。
リスクちゃん
リスクちゃん

「そうは言っても株式のみの投資は怖い・・・。」

そこで行員や証券マンは、ここぞとばかりにバランスファンドを推奨します。
ささき
ささき
「怖いですよね。その点バランスファンドであれば値動きの異なる債券も含まれてるので安心して保有することができますね!」
そりゃあ騙されます。
全部のバランスファンドが悪いとは言いませんが、中には「年利回り1〜3%、値動きも荒くないので初心者の方でも安心ですねと紹介する銀行員や証券マンの発言を信じて投資を始められた方が今回のコロナショックのような暴落で損失を受けて解約をするケースが後を絶ちません。巷で言う狼狽売りですね。
リスクちゃん
リスクちゃん

大きな値動きはないっていうから安心してはじめたのに‥。

バランスファンドは初心者向けの投資信託とは言えません。
複数の視点から詳しく紹介していきます。

・バランスファンドは初心者向けなのか?

バランスファンドは初心者向けであるといった意見があります。

株式100%のファンドと株式50%債券50%のファンドでは後者の方が値動きは穏やになります。保有される方から考えれば大きな値動きに引っ張られないので精神的にも楽であることは間違いないでしょう。投資初心者であればなおさらです。

営業マンとしても販売しやすいのは株式100%のファンドではなく債券等の組み入れられたバランスファンドです。

投資初心者はまずリスクを負う事に抵抗があります。今まで元本を割らない商品で保有してきたので考えてみたら当たり前ですね。リスクが低いに越したことはないです。

そんな人が国債の償還、定期の満期等をきっかけに営業マンに勧奨され運用をはじめられるわけですからバランスファンドが選ばれるのは自明です。

バランスファンドの特徴をおさらいします。

  • 国内外の株式債券に投資を行うグローバルな運用
  • 分散投資の効果が期待できる
  • リバランス(メンテナンス)を自動で行ってくれる

こんな事を言われれば初心者の方でも安心しますよね。

まったく中身を把握しないでバランスファンドだから安心。といった漠然とした理由だけでバランスファンドを選んでしまっては大きな損失を受ける事にもなりかねません。

・バランスファンドを保有したことで…。

こちらをご覧ください。

円奏会

  • 灰:eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • 青:日経平均
  • 赤:東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)(円奏会

上記画像は3商品の比較チャートです。(期間1年)

灰と青のラインは大きな下落(コロナショック)を受けた後、順調に回復しているのがわかりますね。

一方で赤いラインはどうでしょうか。一度大きく下がった後は横ばいが続いていますね。

 

詳しく解説していきます。

バランスファンド
画像のファンドは、東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)(円奏会)
バランスファンド
基本資産配分比率
  • 債券:70%
  • 株式:15%
  • リート:15%
  • ※すべて日本
変動リスクが大きくなると配分の見直しをするようですね。
「配分の見直しを自動でしてくれるから安心!」 ほとんどの方がそう思ったでしょう。
しかし、このバランスファンドは今回のコロナショックで暴落しました。
それだけではありません。実はこの商品、、、。
下落してからもしばらくの間、配分比率の変更がされなかったのです。
6月の株価上昇が始まる少し前に【ようやく】配分比率の見直しがされ、
  • 債券:70%
  • 株式:4%
  • リート:4%
  • 短期金融資産:22%

(2020年9月17日現在)

このような配分比率に変更となりました。
基準価額を押し上げる役割の株式とリートの比率を下げてしまってるので日本市場に活気が戻り暴落前の数値に戻してきてもこの商品の基準価額が戻ることはなく…。
今現在も低迷している状況です。(あと何年で戻すことか…)
仮にこのファンドに1,000万円の投資をした場合、今回のコロナショックで10%前後の下落なのでマイナス100万近い損失です。(今現在も保有でマイナス80万前後)
こちらのファンドですが、今回の暴落でかなりの件数の解約があったみたいです。価格が下がった時は余裕資金があれば解約ではなく追加が基本です。
まともな営業マンであれば『その話』は入り口でしっかりと行います。今回の結果を見ればどのような営業をされていたのかは容易に想像ができますね…。
バランスファンドだから安心という事ではないのです。

・複数口座でのバランスファンドの保有

近年では証券会社からインターネット証券と複数の口座で資産運用をされる方が多い。

複数口座でバランスファンドを保有する場合、自身の株式割合や債券割合等を把握する必要があるため管理が大変面倒臭いです。

<例>

  • A証券:バランスファンド(株式50%、債券50%)
  • B証券:バランスファンド(株式70%、債券30%)
  • C証券:バランスファンド(株式50、債券25%、REIT25%)

アプリやツールなどを使えば管理もさほど面倒ではないのですが、分ける必要性が感じられません。それだけ分散するのであれば1つの証券会社で分散すればいいので証券会社を分けて購入する必要がないです。IDやログインPWの管理も大変なので…。

これから開設をされる方は、楽天証券とSBI証券の口座開設をしておけばまずは問題ないでしょう。

中でも人気なのは、楽天証券のクレカ積立ですね。

楽天証券にて毎月5万円の投信積立の設定をするだけで1%がポイントバックされます。これは、1%の配当が即座に貰えるということですね。年間にして6000ポイントです。また、ポイントの複利運用も可能です。

毎月の積立は楽天証券。まとまった資金はSBI証券といった分け方をされる方も少なくないです。

余談ですが、つみたてNISAなどの非課税枠でバランスファンドを選択される方が一部では見受けられます。これは効率が非常に悪いです。

税制優遇のメリットを最大限に使用するためにもつみたてNISAなどの非課税枠では株式のようなリターンの高い資産に集中させる方が良いですね。(S&P500おすすめ

どうしてもバランスファンドが良い。ということであれば一つの金融機関で税制優遇などもまとめて利用するといいです。(おすすめはしない)

・資産配分に期待できる?

営業マンの立場からするとバランスファンドをお客さんに購入して貰うのは株式100%のファンドに比べるとかなり容易です。

『少額ではじめられ、運用は専門家にお任せ、分散投資でリスクの低減が期待できます!』

冗談抜きで佐々木は行員時代にこのキーワードを元に年間売上数十億円上げてました。

(もちろん、これだけでは買ってくれないので色々工夫はしていましたが…。)

中でもこのワード、運用は専門家にお任せ
お客さんにとっては、安心できるワードのひとつではありますが、、、
プロだろうが素人だろうが勝てる時は勝てるので正直あてになりません。プロだから安心できるっていうのがそもそも間違いです。
もちろん素人よりも市場や動向には詳しいのである程度の予想はできるでしょう。
が、勝てるかどうかといえば話は別です。
適切なタイミングで買い、売りを入れることはプロでもできません。
なので、バランスファンドの資産配分に期待できるかといえば難しい話なのです。
『運用は専門家にお任せ』というワードに騙されてはいけません。
過度な期待はしないようにしましょう。

・資産配分固定型(調整なし)は?

タイミングを見て判断をするのが難しいのであれば、固定型(市場環境の変化に関わらず調整なし)のバランスファンドならどうだろうか。といった疑問が浮かんでくると思います。

「資産配分が固定されているため中身の把握が容易である。」

「定期的にリバランス(定期的な調整)が行われるので安心。」

こんな意見も見られますが、、、。

バランスファンは債券を組み入れている以上どうしても手数料が余計に掛かってしまいます。過去、金利低下による債券価格の上昇が見られた当時は株式や債券を組み合わせる意味があったといえますが、現環境下で利回りの期待ができない債券を組み入れたとしても無駄に手数料を支払うだけになりかねません。

それならば、最初からバランスファンドでなく国債の10年を併せ持つ方が良いとも言えますね。こちらの方がお得です。

・つみたてNISAやiDeCoなどに向いているか?

前述してきたように税制優遇の最大限のメリットを受けるのであれば、NISAやiDeCoなどでバランスファンドの選択をするのは誤りです。

iDeCoでバランスファンドを組み入れられる方が結構見受けられますが税制優遇を最大限に活用できているとは言えません。

心当たりのある方は、一度見直しをおすすめします。

 

・最後に

バランスファンドのすべてが悪いわけではありません。中には素晴らしパフォーマンスを発揮している物もあるでしょう。

たまたま行った金融機関で勧誘されて、はじめてみた。

こんな方も少なくないと思います。

投資は、何かきっかけがなければ始めません。

投資に限った話ではないですが・・・。

 

心当たりがあれば保有しているファンドが大丈夫なものなのか忙しいとは思いますが一度確認をおすすめします。

基本的に長期で始められてる方が多いと思うのでマイナスであったとしても狼狽売りだけは避けた方が良いです。損切がダメというわけではないので、勘違いしないでくださいね。

長くなりましたが、元行員の佐々木が皆さんにお伝えしたいのは、

営業マンによる窓口販売には気を付けてください。

この一言に限ります。

ご家族の大切な資産を守れるのは皆さんだけです。

ブログ村

資産運用で悩んだら、佐々木に直接相談しよう!

何からすればいいかわからない

どんな商品を選べば良いのか・・・

「金融知識が豊富な詳しい人に相談したい

大丈夫です。佐々木に相談して下さい!

私のサイトに繰り返し来てくださるアナタを佐々木は、全力でサポートします!


 

資産運用で生活費を稼ぐ僕が今思うこと

行員になるまでは、とりあえず貯金しておけば安心。

運用は怖いものだと思っていました。

運用をはじめるにも、何からしていいかわからない。

でも、実際に始めてみたら簡単だった。

情報を収集するのに時間はかかりましたが、

僕のブログでは、簡単にそれらを紹介するので安心してはじめることができます!

 


元・銀行員佐々木への相談は、TwitterのDMから気軽に問い合わせ下さい!
FOLLOW-ME