【保証型投資信託】みつぼしフライト とは【投資初心者にオススメ】

みつぼしフライト資産運用

国内銀行初の保証型投資信託として話題になった、愛称:みつぼしフライトの紹介です。事前に確保ラインが定められているため、大きな下落を避けることができるのがポイントの一つですね。保証型投資信託ということで「確保ライン」という言葉を使用しています。

「確保ライン」を設定し、元本の95%を確保する。

簡単に説明すると、基準価額は10,000円からスタートするので確保ライン95%、9,500円を下回らないということです。

実際に、確認していきましょう。

スポンサーリンク

・ファンドの概要

ファンド名

りそな・リスクコントロールファンド2020-03(第7段)

愛称:みつぼしフライト2020-03

運用会社

りそなアセットマネジメント

販売会社

りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行、みなと銀行

設定日

2020年03月31日
預入申込期間:2020年2月17日~2020年3月30日

運用内容

みつぼしフライト2020-03

画像引用:りそな・リスクコントロールファンド2020-03 販売資料より

投資環境に応じて、配分比率を変更する。

安定性重視資産国内債券、先進国債券(為替ヘッジあり)
成長性重視資産国内株式、先進国株式、新興国株式、新興国債券、国内REIT、先進国REIT
投資環境に応じて、配分比率を変更してくれるので初心者の方も安心ですね。

何よりも、「元本割れが怖い」という方向けのファンドと言えます。

保証型投資信託は今後流行るかもしれませんね。

信託報酬

信託報酬

少し特殊です。

購入時・解約時の手数料は共に無料です。

信託報酬というのは、保有している間に支払う費用を指します。

最近、信託報酬ゼロの投資信託なんてものも誕生しましたが、一般的に投資信託の場合、信託報酬が掛かります。

かんたんに内容を説明すると、キャッシュ(現金)比率が高いほど信託報酬を引き下げます。という仕組みですね。これは、キャッシュ比率が増えるとリターンを確保し辛くなるためです。そのような状態を避けるためにキャッシュ率を引き上げた場合には、信託報酬も引き下げるということですね。

信託報酬(0.297%~1.243%)+保証料0.269%

同様のバランス型ファンドの場合、信託報酬が1%を超えるものも珍しくはありません。

リスク性の資産が増えるとリターンも望めるので、その分信託報酬も掛かるという認識で間違いないです。

 

・まとめ

はじめて資産運用をされる方にとって、当ファンドは安心して始められるファンドと言えるでしょう。ただ、ここはやはりバランスファンド。このファンド一つで分散効果も期待できるので、他の商品を増やそうものならポートフォリオの割合が偏る可能性があります。

その他に懸念点を上げるとしたら、バランスファンドのためインデックス型(指標に連動するタイプ)の投資信託の信託報酬と比べると少し高い数値であることですね。

 

僕のおすすめのファンドはこちらで紹介してます。

元行員がオススメする投資信託(ファンド)はこれだ
投資信託のことは何となくわかったけれど、数万本もあるファンドの中からいったい何を基準に選べば良いのかな?これから資産運用を始める方、既に資産運用をされている方必見です。
資産運用で悩んだら、佐々木に直接相談しよう!

何からすればいいかわからない

どんな商品を選べば良いのか・・・

「金融知識豊富な詳しい人に相談したい

大丈夫です。佐々木に相談して下さい!

私のサイトに繰り返し来てくださるアナタを佐々木は、全力でサポートします!

 

元・銀行員佐々木への相談は、LINE@から気軽に問い合わせ下さい!

LINE@ID:@bzd2136o

LINE友だち追加