資産運用を始める前にやるべき3つのこと

スタート資産運用

本記事の対象と読んで得られること
・対象:運用に興味はあるが何からしたらいいか分からない方、また今後運用を考えている方
・得られること:資産運用をするにあたって、なにからしたら良いのかを理解できる

スポンサーリンク

・資産運用を始める前にやるべき3つのこと

  1. 毎月の収支の確認
  2. 固定費の見直し
  3. 変動費の見直し

重要なのは、この3点です。

 

早速見ていきましょう。

はじめに、毎月の収支を確認します。

毎月いくらの収入があって、いくら支出しているのか。
ここから確認していきます。

確認ができたら、次に固定費と変動費を確認します。

・固定費、変動費って?

固定費とは?
・住居費(家賃、住宅ローン)
・電気ガス水道などの公共料金、基本料金部分
・通信費(スマートフォン、携帯電話、インターネット)基本料金部分
・加入している保険料(生命保険、損害保険など)
・教育費(子育て資金、塾、給食費、習い事費など)
・自動車関係(駐車場代金、車のローン)
・定期購入しているもの(飲料水、サプリ、コンタクトレンズ)
・都度支払い(定期支払)しているもの(月額会員制の支払い)
変動費とは?
・食費
・電気ガス水道などの、使用料金部分
・通信費の使用量金部分(スマートフォン、通信制限解除費用など)
・日用品代(ティッシュ、トイレットペーパーなど)
・衣服費
・交際費
・娯楽費(ゲームなどの課金費)
・理美容費
・嗜好品代
・ガソリン代
・交通費

おおよそでいいので金額を書き起こしましょう。文字に起こすことで、実感できる部分もあります。

「あれ、こんなに払ってたんだ? この部分は減らせそうかな」

実は、この気付きが大切なんです。

・固定費の見直し

なぜ、固定費の見直しからするのか?
固定費の見直しは、一度コスト削減に成功すると長期間にわたり節約が継続でき、削減できる金額が大きければ大きほど節約効果が期待できます。

なかでも最初に見直すべきは、住居費、通信費、保険料の3つです。

・住居費
住宅ローンを組んでいる場合、借り換えを検討して下さい。
時代は、超低金利時代に突入しています。見直しをしたのが数年前であれば、改めて見直す事で恩恵が得られる可能性があります。持ち家ではなく賃貸の場合、ローンではないので支払えば支払うほど損をします。この期間が長ければ長いほど、全体で見た時の支出部分が多くなります。「その場所に定住するかも分からないのにローンで契約すべきなのか? 」この点は、非常に難しいです。(結婚や仕事の転勤などで、その場所に定住するとは限らない等)事実として言えるのは、ローン契約が早ければ早いほどローンの支払いが早く終わり、その後の支払いが不要になるということです。(それ以降は、貯蓄・運用に回せる)例えば、9万円の賃貸を10年間借りたとする。
→10年で約1080万円の支払い。
→30年なら約3240万円の支払い。賃貸の場合30年以降も毎月9万を支払っていく必要があるが、社会人3年目の25才で3000万円の住宅ローンを35年契約した場合60才でローンの支払いが終了。それ以降は、支払う必要なし。当たり前のことですが、差は歴然ですね。★こんな物件に住んでいませんか?

・部屋を持て余している(倉庫にしてる部屋がある)
・住む理由が特に見当たらない(当時空いてた部屋がここだけ)
・家賃が高いと思ってる(収入に対して家賃支払いが多い)

これらに該当する方は要注意です。

見直すことで無駄に家賃を支払う必要がなくなります。今現在住んでいる物件が家賃に見合った(自分が納得する)価格なのか? 今一度確認してみましょう。

余談ですが、私はサラリーマン時代、片道1時間以上かかる物件(2LDK家賃10万)から職場近くの物件(1K家賃8万)に引っ越すことで毎日の生活にゆとりを持つことができました。長時間の満員電車からの解放、時間ギリギリまで眠れる、朝はゆっくり、帰りは早い。

通勤時間は個人的に無駄な時間だと思っています。有効に使われている方も多いと思いますが、それなら職場近くの物件に住んで早起きした時間に充てればいい話なので。何よりも通勤にはリスクがあります。

痴漢免罪。通勤はリスクしかないですよね。

通勤時間短縮&リスク回避は、お金で買えます。

・通信費
毎月の携帯料金の金額を確認します。
7千円~なら検討の余地ありです(端末料金の支払いが済んでいる場合に限り)格安SIM(薬局でいうところのジェネリックみたいなもの)と呼ばれる契約形態であれば、毎月~2千円に抑えられます。それだけで、5千円の節約。1年で6万円の節約ですね。 最近では、大手3大キャリア(ドコモ、AU、ソフトバンク)も格安SIMに追随するように格安プランを始めています。利用してるキャリアの携帯ショップが近くにあれば一度相談してみましょう。それでも安くならないなら楽天モバイルなどの格安simを発行してる会社に乗り換えも検討します。格安simだと携帯ゲームが思う存分楽しめない。こんな時は、格安sim+ポケット WiFiの検討をオススメします。私が今現在このような持ち方をしているので、気になる方は気軽にご相談下さい。(どの、会社を選べば良いのかなど。)
・保険料
固定費部分の保険料は2つに分けで考えます。生命保険と損害保険の2つです。ー損害保険
自動車を保有している家庭の場合は、任意保険の自動車保険を見直しましょう代理店型と通販型の2種類があるのですが、通販型のほうが代理店型よりも安くなることが多いです。その代わり、通販型の審査が厳しかったり過去の事故状況によっては加入できないケースも存在します。自動車保険には様々な割引が適応される事があるので、各社比較が非常に重要なポイントになってきます。大切なのは、保証内容に対する保険料の支払額ですね。兼ね合いが難しくもありますが、自動車をお持ちの方は一度見直してみましょう。ー生命保険
既に加入している保険を見直します。保証内容が契約当時と比べ、必要のない可能性があります。現在契約している保険を一度解約、見直しをすることで安い費用での契約をできる可能性があります。

保険は金融商品です。契約当時にはなかった特約を見直しをすることで契約できる可能性があります。保険という性質上、定期的に見直しをすることは、必須になります。

住居費、通信費、保険料の3つを紹介しました。これらの見直しができたら、次にその他の固定費を見直します。特に見直したいのは定期購入しているものですね。本当に必要なものなのか。通販などで初回契約してから解約がめんどうでそのままになっていないかなど、確認してみましょう。

・変動費の見直し

固定費が長期での節約になるのに対して、変動費はその日からすぐに節約効果が期待できます。

・外食が多いので、自炊するようにする。
・今月はアプリゲームの課金をしすぎたので、来月は抑える。
・自動販売機での購入を控え水筒等に切り替える。(水をAmazonなどで1本あたり40円のものにする。)
どれも簡単に始められるように思えますが、人によっては難しいかもしれません。最初から全部節約しようとするのは大変だと思います。
まずは、これ。これができたら次はこれ。
段階を踏んで見直すことが節約成功の秘訣です。

まとめ

毎月の収支は確認できましたでしょうか?

「食費に払いすぎだな、外食を減らそう。ここはもう少し減らせるかな?」この気づきが大切なんです。

  1. 毎月の収支の確認
  2. 固定費の見直し
  3. 変動費の見直し

これら3つの見直しをすることで、運用に回せる資金も見えてきますね。

資産運用は、無理のない範囲で行うことが大前提です。

生活に支障を与えない範囲で、資産運用をしていきましょう!

 

資産運用で悩んだら、佐々木に直接相談しよう!

何からすればいいかわからない

どんな商品を選べば良いのか・・・

「金融知識豊富な詳しい人に相談したい

大丈夫です。佐々木に相談して下さい!

私のサイトに繰り返し来てくださるアナタを佐々木は、全力でサポートします!

 

元・銀行員佐々木への相談は、LINE@から気軽に問い合わせ下さい!

LINE@ID:@bzd2136o

LINE友だち追加